つるが移住定住サポートサイトKURAS TSURUGA

BLOG

地域おこし協力隊ブログ

NOTE OF ODYSSEY 03

創刊わたしとつるが-HYPER LOW-CULTURE ZINE – ーーー2022年3月、地域おこし協力隊としてフリーペーパーを作りました。今回は、その中から、創刊号に寄せたあとがき(NOTE OF ODDSEY)を公開。NO […]

(一社)敦賀観光協会・西ノ上健さんにインタビュー(下)

毎年8月16日に、福井県敦賀市で開催される恒例行事「とうろう流しと大花火大会」。2020年からは、コロナウイルス感染拡大対策のため、来場者の分散や花火大会のCG開始など、敦賀観光協会率いる主催者は、さまざまな工夫を凝らし、その開催を守りました。後半ではその工夫に対するお客様の反応や、パワーアップした今年度の開催について、前半に引き続き「とうろう流しと大花火大会」を担当する、一般社団法人敦賀観光協会の西ノ上健さんにうかがいます。

(一社)敦賀観光協会・西ノ上健さんにインタビュー(上)

コロナウイルス感染拡大防止のため、各地でイベントや行事が中止を余儀なくされる中、時代に合わせた方法で開催しているイベントがあります。それが、「とうろう流しと大花火大会」です。コロナ禍に合わせたスタイルはどのように生まれたのか、またお客さんの反応はどうだったのか?今回は、「とうろう流しと大花火大会」の主催である一般社団法人敦賀観光協会から、担当の西ノ上健さんに開催に向けた取り組みについてうかがいました。

ページトップへ