つるがで育てる

  • 画像:子どもの体力全国1位

    子どもの体力全国1位

    文科省が実施している「全国体力テスト」。2015年度の結果では、小学校部門も中学校部門も福井県が1位となりました。しかも福井県がトップを独占したのは、なんと2年連続3度目! 

  • 画像:子どもの学力全国2位

    子どもの学力全国2位

    小学6年生と中学3年生を対象に、全国で国語と数学のテストを行った結果、福井県は10年連続で上位!文武両道の福井の子育ては全国でも注目されています。

  • 画像:充実の子育て支援

    充実の子育て支援

    市内に2ヶ所ある「子育て支援センター」では、保育士などの専門のスタッフが子育ての悩みや発育に関しての相談に応じてくれます。

子育て支援センターは充実した設備とプログラムが魅力

住宅探しはインターネットで行い、数件ほどの中から決めました。決め手にしたのは子育て支援センターに近いところで、歩いて10分のところに家があります。初めての土地で知り合いがいなくても、子育て支援センターには同じ境遇の人が多く共通の話題もできるので、子どもだけではなく母親の友達作りにも最適です。
詳しく見る

移住者 大塚さん

画像:大塚さん

子育て支援制度

  • 里帰り出産

    詳しくはこちら

    里帰り出産などで、福井県外の医療機関又は助産所(国内)で妊婦健診や1か月児健診を受けた方に、健診費用の全部又は一部を助成します。

  • 敦賀市特定不妊治療費助成事業

    詳しくはこちら

    特定不妊治療と、今年度から特定不妊治療の一貫として行われる男性不妊治療(精巣内精子採取術)に要した費用の一部を助成します。

  • 児童福祉のご案内

    詳しくはこちら

    未来を担う子どもたちと、お母さんお父さんを応援します。敦賀市ではお子さまに関する支援制度が数多くあります。

  • 子ども医療費助成制度

    詳しくはこちら

    中学3年生までの子どもは、県内医療機関で受診するときに、医療費受給者証を提示すると、保険診療分の医療費の支払いがその場で助成され、負担するのは自己負担金のみとなります。

  • 保育所は、保護者が仕事や疾病等で保育を必要とする場合、一定の基準のもと保護者にかわって児童を保育することを目的とした施設です。

  • 特別保育について

    詳しくはこちら

    世帯構造の変化や就労形態の多様化等による保育ニーズに対応するため、支給認定区分の保育時間を超えて延長保育を実施しています。

  • 放課後児童クラブ

    詳しくはこちら

    保護者が仕事や病気などにより、小学生の子どもを放課後の家庭での養育が困難な場合、保護者に代わって、放課後や夏休み等に適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を図ることを目的とした施設です。

  • 児童手当について

    詳しくはこちら

    敦賀市に住民登録があり、中学生以下の児童を養育されている方には、児童手当法に基づき児童手当を支給しています。

  • 子育て支援センター

    詳しくはこちら

    子どもと保護者があそび交流する場、子育て相談、子育て支援情報の提供などを行う地域子育て支援拠点施設です。

  • 病児・病後児保育施設

    詳しくはこちら

    子どもの急な体調の変化等により仕事を休むことができない保護者のために、かかりつけ医の診断により、子どもを一時的に預り、その症状に応じた保育を行う施設です。

  • 子どもの遊び場

    敦賀市には、屋外遊具や屋内の遊戯室、プラネタリウム等が設置されている『こどもの国』や日本最大級のネット遊具のある屋内子ども広場『キッズパークつるが』など、天候を気にせず子どもが遊べる施設が充実しています。こどもの国 キッズパークつるが

福井県は「子どもの幸福度」全国1位!
敦賀市は、全国トップクラスの充実した子育て支援を実施、待機児童数はゼロ!

  敦賀市
(福井県)
東 京
合計特殊出生率
合計特殊出生率
1.72
(敦賀市)※1
1.63
(全国10位)※2
合計特殊出生率
1.17


公立小中学校の学力
公立小中学校の学力
全国2位※2
◯学校の先生がとても熱心
◯通学中の見守り活動など地域全体で子どもを育てている感じ
◯毎日の宿題、毎日の運動、先生への信頼という昔は当たり前だったことが今でも当たり前にできていることにびっくり
公立小中学校の体力
公立小中学校の体力
全国1位※2
公立小中学校の
平均教育費
平均教育費公立中・高校に行くと
270万円※2
平均教育費公立中・高校に行くと
700万円

敦賀市は、子育て支援が充実し、
合計特殊出生率は県平均より上位

 ※1:平成20年~平成24年人口動態保健所・市区町村別統計より
 ※2:福井県のデータ
(ふくい暮らしライフデザイン設計書より抜粋)

ご相談・お問い合わせ詳しくはこちら