Author Archives: 敦賀市

【まちのお宝】キハ28形気動車(急行わかさ)

キハ28 3019


 

 この気動車は、1968年12月21日に富士重工が製造した日本国有鉄道の急行形気動車です。

 かつて、急行わかさとして小浜線で活躍したこともある本市ゆかりの同形車両となっています。

 

 キハ28形は全国的に有名ながら、保存されている数は多くありません。
 その中でも、この車両は、前面窓が側面まで回り込んでいる「パノラミックウインドウ」、運転台下部に「排障器(スカート)」という特徴を持っており、この2つの特徴を持つ車両は、1968から1969年度の2年間で製造された111両のうち、国内で完全な形で現存しているのは同車のみという大変希少な車両と言われています。

 

 同車両は、2000年3月6日に廃車となり、和歌山県白浜町にて屋内保存が続けられていましたが、その後解体が決定され、それを惜しんだアチハ株式会社(大阪市)が保管を続けていました。
 
 そして、2017年12月に本市で開催された「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会主催の「つるが鉄道フェスティバル」で同社協賛により展示され、このとき昔の小浜線を懐かしむ市民の声を受け、本車両の価値を認識し、「鉄道と港のまち敦賀」を発信する、後世に伝えるべき「鉄道遺産」として保存するため敦賀市が取得し、2018年5月に設置しました。

 

 現在は、敦賀赤レンガ倉庫横(敦賀市金ケ崎町)に設置されていますので、ご興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください。

 

【7月1日から受付開始!】福井県外からのU・Iターン者に移住支援金を支給する新制度をご紹介!

和2年4月1日から、本市への移住を促進し、中小企業等の人手不足を解消することを目的とした、移住支援金の新制度を実施しています。

福井県外から就職を伴う移住をされた方を対象とする制度です。

 

7月1日から移住支援金の受付を開始します。

(令和2年4月1日以降に敦賀市に転入し、3か月が経過した方から順次受付を開始)

 

支援金制度の概要につきましては、下記PDFファイルをご確認ください。

【単身者向け】移住支援金概要

【2名以上の世帯向け】移住支援金概要

 

移住支援金の申請を希望される場合は、下記問合わせ先まで事前にご相談ください。

 

【問合せ先】

敦賀市役所ふるさと創生課

電話:0770-22-8111

ファックス:0770-23-4129

【市長コメント】新型コロナウイルス感染症への敦賀市の対応を紹介します(令和2年6月12日)

 

 

「県内未発生期」


主な取り組み】

  • 小中学校の臨時休業に対応した、児童クラブ等の受け入れ拡充
  • 保育園・幼稚園等のマスクや消毒液等の確保
  • 医療用マスクの確保
  • 利子補給制度を創設

「県内発生早期」・「県内感染期」


【主な取り組み】

  • 医療従事者の宿泊先を確保
  • 売上が減少した中小企業や個人事業主への支援
  • 子どもテイクアウト事業
  • 特別定額給付金の早期支給

「小康期」 


【主な取り組み】

  • 濃厚接触者の同居家族の宿泊先確保
  • 収入減で生活が困窮した学生のための特別奨学金制度
  • 子育て世帯に応援手当を支給

【俳句募集】奥の細道-つるが芭蕉紀行第17回全国俳句大会

一般の部

俳聖・松尾芭蕉の杖跡をたどり、名月に思いを巡らせ、杖措きの地・敦賀において、俳句愛好者の拡大をはかり、本市の文化振興に寄与する機会とするため、俳句大会を開催します。
本年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送等による事前投句のみ開催させていただきます、ご了承ください。

事前投句

テーマ

「月」または「当季雑詠」

投句料

2句1組1,000円
何組でも応募できます。
現金書留または郵便小為替にて応募票に同封してください。

応募方法

所定の投句用紙および応募票(以下からダウンロードできます)に必要事項を記入し、投句料を添え応募してください。

「奥の細道」つるが芭蕉紀行第17回全国俳句大会の募集要項・投句用紙・応募票です。

募集要項画像

投句締切

令和2年8月31日(月曜日)まで(当日消印有効)

応募先

〒914-0801
福井県敦賀市松島町23番21号 中者様方
「奥の細道」つるが芭蕉紀行全国俳句大会実行委員会事務局

審査

下記の選者により入選・入賞作品を決定します(順不同)。
【中央】
(公社)日本伝統俳句協会顧問 大久保 白村 氏
現代俳句協会 顧問 安西 篤 氏
(公社)俳人協会 監事 雪解 主宰 古賀 雪江 氏
【県内】
加畑 霜子 氏、山岸 世詩明 氏、塩谷 美津子 氏、嶋田 洸石 氏
石田 野武男 氏、山本 麓潮 氏、山口 霞牛 氏、中井 一雄 氏

杖措賞、福井県知事賞、敦賀市長賞、敦賀市教育委員会賞、敦賀市文化協会長賞、福井新聞社長賞、
福井県俳句作家協会長賞、俳人協会福井県支部長賞、日本伝統俳句協会北信越支部長賞、
敦賀商工会議所会頭賞、敦賀観光協会長賞、嶺南ケーブルネットワーク社長賞、選者特選賞

応募上の注意

未発表作品に限ります。
応募規定に違反のあった場合は、発表後でも入選・入賞を取り消します。

こどもの部

対象

全国の小学1年生から中学3年生
自分で詠んだ作品で、ほかの俳句大会等に発表していないものに限ります。

テーマ

「夏」をあらわす季節の言葉をいれてください。

投句料

無料

応募方法

下記の応募要項をご確認いただき、所定の投句用紙(以下からダウンロードできます)に必要事項を記入・入力し、
郵送等または電子メールにより応募してください。
6月2日追記 こどもの部は、電子申請による応募が可能になりました。

こどもの部の応募要項と投句用紙です。

1人2句まで応募できます。
投句用紙1枚に1句記入し、期限までに提出してください。(2句の場合は用紙を2枚使ってください。)

電子申請による応募

こどもの部は、次のリンクから電子申請による応募ができます。

投句締切

令和2年8月31日(月曜日)まで(当日消印有効)

応募先

(郵送等での応募先)
914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
敦賀市教育委員会文化振興課内「奥の細道」つるが芭蕉紀行 第17回全国俳句大会(こどもの部)事務局

(電子メールでの応募先)
k-haiku@ton21.ne.jp 投句用紙のファイルを添付して送信してください。

審査・賞

敦賀俳句作家協会選者による選句を行い優秀賞受賞者を選定します。
入選された方には事務局から連絡させていただきます。
また、受賞作品は敦賀市ホームページ等に掲載させていただきます。

広報つるが(令和2年7月号)発行のお知らせ

広報つるが 7月号(閲覧はこちらから※市のHPにジャンプします。)


 

今月の表紙

「学校再開!」


主な特集

■第4期敦賀市地域福祉計画-福祉つるが ぬくもりプラン策定-(2~3頁)

■災害時の新型コロナウイルス感染症対策(4~5頁)

■令和3年4月1日採用 市職員採用試験情報(8頁)

【お知らせ】敦賀市内のインターネット販売を行っているお店をご紹介!!(6/2更新)

新型コロナウイルスの感染拡大により、なかなか敦賀市にお越しいただけない状況が続いております。

そんな中でも、敦賀市の名産、名物をご堪能いただけるよう市内のインターネット販売を行っているお店をご紹介いたします。

 

下記Facebookページは、行政や市民、事業者が一体となって「まちづくり」を進めるために創立された民間の会社『港都つるが株式会社』のFacebookページです。

右上のをクリックすると紹介ページにジャンプできます(外部リンクになります)。

 

 

 

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症対策支援のためのふるさと納税型クラウドファンディング(市民募金)の実施について

目的

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、医療従事者支援をはじめとする感染症対策の実施に向け、市民の皆様をはじめ、全国から寄附を募ることを目的として実施します。

 


募集について

 

募集方法:ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で受付
募集期間:令和2年5月11日(月曜)から令和2年8月8日(土曜)まで

 

  • ふるさとチョイスからお申込みいただく場合、クレジットカード決済のみとなります。
  • このほか、市役所・公民館に備付けの「払込取扱票」のより、ゆうちょ銀行でお振込みいただけます。(払込取扱票による寄附は8月5日(水曜)までとなります。)
  • 右記QRコードからもアクセスいただけます。

 

 


お礼の品について

 

今回の寄附受付の趣旨に鑑み、お礼の品はお送りいたしませんが、ふるさと納税として税の控除対象となります。

広報つるが(令和2年6月号)発行のお知らせ

 

広報つるが 6月号(閲覧はこちらから※市のHPにジャンプします。)


広報つるが6月号表紙

 

「お家で楽しく 笑顔で過ごそう」


主な特集

■新型コロナウイルス感染症に対する支援策について(2~3頁)

■子育て環境日本一の実現~結婚、妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援~(4~5頁)

 

 

【もっと知って欲しい】敦賀市公認(認定)キャラクターのご紹介!

敦賀市で活動している公認キャラクターをご紹介します。

いずれも敦賀市にゆかりのある人物をモチーフにしています。


ツヌガ君

敦賀という地名の由縁となった、古代朝鮮半島にあった意富加羅(おほから)国の王子「都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)」にちなみ、「ツヌガ君」と命名されました。

1999年に開催された、敦賀港開港100周年記念事業「つるが・きらめき・みなと博21」のボランティアグループのマスコットキャラクターとして誕生しました。

特徴:お腹が大きい、背が高い

好物:こんぶ、かまぼこ、ソースカツ丼


よっしー

安土桃山時代の敦賀城主「大谷 吉継(おおたに よしつぐ)」をモチーフにしたキャラクター。

優れた城主であった吉継は、敦賀城を完成させ、町並みの整備にも力を注ぎ、敦賀の商業の発展に大きく尽力しました。天下分け目の関ヶ原で、盟友・石田三成率いる西軍に属して戦いましたが、善戦虚しく自刃して生涯を閉じました。

領地を思う心の一部が敦賀に帰り「よっしー」として市民を見守っています。

特技:文武両道、茶道

好物:領民からの贈り物(さば、こんぶ、なまこなど)、ソースカツ丼


バショさん

おくのほそ道のたびで敦賀を訪れた松尾芭蕉をモチーフにしたキャラクター。「杖措き(つえおき)の地」である敦賀では、長い旅の終わりを目前にして、芭蕉も酒を嗜むなど気を和らげて楽しく過ごしました。

芭蕉の旅と俳句を愛する思いが、杖とともに敦賀に残された笠に宿り、姿を変えてバショさんとなって、今でも足取り軽やかに楽しく旅をしています。

特技:日本一の俳句

好物:敦賀ふぐ、とろろ、お酒、かまぼこ、ソースカツ丼

 

 

【子育て世帯必見!】敦賀市の子育て支援制度をご紹介します!

 敦賀市では、妊娠期からお子さんの就学期までに必要な健診や手続き、子育てに関する制度や相談窓口、様々な子育て施設の情報をまとめたガイドブック「子育てサポートあっぷるぶっく」を作成しています。

 その中から、敦賀市の取組みの一部をご紹介します。

「子育てサポートあっぷるぶっく」の全てをご覧になりたい方は、こちら

 

 

○産後ケア事業

 出産後のママの体の回復に不安のある方や、赤ちゃんの育児についてご心配のある方、ご家族などから十分な援助が受けられない方などに対して、医療機関等にてケアを行っています。(産後ケア事業について詳しくはこちら

 

○マイ保育園登録事業

 妊婦さんや保育園に入園していないお子さんとそのご家族が、お近くの保育園で育児体験や保育体験ができる事業です。ご希望の方は、市内の公立保育園で登録できます。

 

○子育て家庭を応援する様々な手当や助成制度

 出産育児一時金や児童手当、多子家庭の保育料軽減、ひとり親家庭の児童扶養手当など、各種手当や助成制度について知りたい方はこちらをご確認ください。

 

○こんにちは赤ちゃん訪問事業

生まれてから4ヶ月頃までにすべての家庭に、助産師や保健師、保育士等が訪問し、赤ちゃんの体重測定のほか、お母さんのからだや子育ての相談などをお受けします。(こんにちは赤ちゃん訪問事業について詳しくはこちら

 

○産前産後の総合相談窓口

 妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援を実施するため、子育て総合支援センターでは、専任の職員が、子育て家庭や妊婦の方のニーズにあった情報提供や相談をお受けし、必要に応じて医療機関を含めた関係機関との連携を図っています。

 来所できない方は、電話やメールでのご相談もできますので、気楽にご利用ください。

ご利用についてはこちらをご確認ください

 

 

その他、各健診や予防接種の情報、遊び場・集いの場所、もしもの時の医療機関など掲載されていますので、気になった方はこちらをご覧ください。

 

 

「あっぷるぶっく」は、下記QRコードから、スマートフォンでもご利用いただけます。